ミケコがFXで安定月収5万円獲得する日記

凡人会社員主婦が専業FXトレーダーを目指すブログ(まずは月10万目標!)

思考の現実化を信じ、凡人会社員主婦から脱却するための日記です(*'ω'*)

魚心あれば、水心!

🌸こんにちは、ミケコです。雑記ですが、ご訪問ありがとうございます(❀^ω^)ノ゙

 

さて、恥ずかしながら私は非常にワガママな底辺野郎である。

一応、社会人になってから表面では協調性やチームワークを大切にしている(フリをしている)が、そうすることによって、周囲からの私への評価をあがり、より快適に過ごせるためである。(この時点でクズなのだが)

 

そんな私が「人のために行動しよう」(少なくともそう見せよう)と思うようになったのは、数年前の友人の発言がきっかけだった。

 

彼女に妊娠を告げたとき「おめでとう!自分のことみたいにうれしい!」と本当に嬉しそうな声で喜んでくれた。
思いもよらない反応にビックリしたけど、非常に心が動かされた。


ドラえもんの「結婚前夜」で、しずかちゃんパパが「のびたくんは他人の喜びを自分のことのように喜び、他人の悲しみを自分のことのように悲しむことができる人だ」と言ったシーンで、それをみた当時の私はそんな実在するとは思わなかったけど、まさか身近にこんな人がいるとは。

 

高校時代からの付き合いだけど、おっとりマイペースに見える彼女の周りに自然と人が集まるのは、彼女が「誰かのため」に行動しているからではないか。

 

上記をきっかけに、ふと「他人のためを思った発言や行動をした方が、周囲の協力を得られるのだな」と気づいた(この考えがそもそも自己中心的;)。

 

以降約2年、特に会社では育児時短中で周囲に迷惑をかけていることもあるので、ことあるごとに周囲への感謝や「上司や皆様のおかげで」といったふうなことを口にするよう心がけていたら評価や周囲の評判がよくなり、気がつけば会社に行くのが楽しみなレベルで随分と過ごしやすくなった。

 

そういえば、去年の夏、清宮くんとオコエくんのインタビューがネット上で比較されてて似たようなことを思った気がする。

清宮くんはその年齢らしい素直な発言で叩かれ、チームメイトや周囲に花を持たせたオコエくんのコメントは絶賛されてたような。

日本で生きやすいのは、オコエくんタイプなんだなと。

 

腹の中のことなんか誰にもわからないんだし、周りに感謝することで自分が快適に過ごせるという話でした。

 

結局自分のことしか考えてないんかい!って、書いてて自分で何だか腹黒い気がするけど。。。

 結果的に周りも自分も気分よく過ごせるはず!

 

高校野球は頭脳が9割 新装版

高校野球は頭脳が9割 新装版